ものづくりの魂が息づく老舗菓子店
白根屋

1924年創業。四代続く燕市の老舗和洋菓子店。スプーンや包丁、和釘など地元産業のシンボルをかたどった「つばめさんじょうクッキー」や、地元農産物を使用した「つばめさんじょうジャム」など、燕三条にちなんだ土産品も開発・販売する。

10/5

10/6

10/7

10/8


9:00-12:00
13:00-16:00

-


17:00-19:00
会場:ツインバード工業
白根屋・ツインバード工業・越後味噌醸造・藤次郎・アールクラフト塚原板金・宮路農場・ひうら農場と燕市の複数のKOUBA-ZUが集結。料理人たちが燕市のプロダクトと食を活かした表現を披露する。(軽食、フリードリンク付)
定員:100名
料金:5,000円
予約方法:
電話(0256-93-2002)
メール(kiryu@echigomiso.co.jp)


9:00-12:00
13:00-16:00