優れた切れ味は、時を越えて
梅心子

江戸時代から250年以上にわたり、手づくりで小刀や彫刻刀を製造。梅田小右衛門が市場に出した「梅心子圀光小刀」の銘が高く評価された。さらに、その子である常次郎が刀匠・栗原信秀から焼き入れの秘法を学んだと伝わる。「梅心子はよく切れる」と、使った人に納得されるものを提供し続けられるよう、常に品質の向上を図っている。

10/4

10/5

10/6

10/7


10:00-12:00
13:00-17:00


10:00-12:00
13:00-17:00

-


10:00-12:00
13:00-16:00