ユニバーサルなカトラリー工場
斉藤工業(にいがた県央マイスター)

1935年創業。クロームメッキ業で金属洋食器を製造し、現在は主に福祉用食器を製造販売する。自社商品として開発されたユーザーに合わせて変化可能なスプーンとフォークは、流動食を楽に食べられるなど誰もが自分の力で食事を楽しむことができ、様々な施設やユーザーの間で広く使用されている。

10/1

10/2

10/3

10/4


9:00-16:00(定員:各回5名)


9:00-16:00(定員:各回5名)


9:00-16:00(定員:各回5名)


9:00-16:00(定員:各回5名)