日本製カトラリーの産みの親
小林工業

1868年に矢立や炭ならしなどの鍛治工房として創業。1915年にカトラリー生産を開始。戦後着目したステンレス素材でカトラリーを製造し、47年に「ラッキーウッド」の商標を制定。デザイン、使いやすさ、機能性にいち早く注目し、日本人のためのカトラリー開発に取組む。現在、70以上に及ぶグッドデザイン賞を受賞している。

10/2

10/3

10/4

10/5

10/6

見学
フリー/ショールームのみ

10:00-15:00

  • [フリー] 指定時間内での参加が可能です
  • [時間制] 開始時間までに集合してください
  • [予約制] 事前に各工場までお問い合わせください