日本製カトラリーの産みの親
小林工業(ラッキーウッド)

1868年創業。1915年にカトラリー生産を開始。「箸のように使いやすいカトラリー」をコンセプトに、日本人に使いやすく求めやすい普段使いの良品を追求。グッドデザイン賞を1966年に業界で初めて受賞した。世界の様式からアイテムを選び、機能性を重視する日本のメーカーらしい観点でこだわりのものづくりを続ける。期間中は、フォークの刺し比べ体験を行う。

10/5

10/6

10/7

10/8

-

-


9:00-12:00
13:00-16:00
ショールーム(開放)
〒959-1233 新潟県燕市殿島2-10-14
小林工業・ラッキーウッド営業センター2F・ショールーム


9:00-
10:00-
11:00-
13:00-
14:00-
15:00-
(1回あたり30-40分)
ショールーム/営業センターにて受付後、時間制・ガイド付で食器工場見学 (中学生以上対象)


10:00-
14:00-
(1回あたり30-40分)
究極のフォークの刺し比べ体験
定員:12名まで
料金:無料
内容:やわらかい絹ごし豆腐が、吸い付くように持ち上がる!?
究極のフォークと、一般的なフォークの違いを体験。フォークとナイフを価格ランク順に持ち比べる体験も同時に開催。カトラリー選びに役立つ情報満載。 (中学生以上対象)

-