金型彫刻の技術を体感
大岩彫金(にいがた県央マイスター)

1975年創業。洋食器の金型彫刻のほか、金型なしでも図面からスプーン1本を手づくりする。手彫り彫金歴45年の技術で、鑿、鉋、玄能などへの龍や虎の模様の彫金や名入れなどにも対応。「木の葉の箸置き」は全国推奨観光土産品審査会の工芸部門で最高賞の経済産業大臣賞を受賞。期間中は、木の葉ブックマークづくり(体験1)、キーホルダーづくり(体験2)、箸置きづくり(体験3)を行う。

10/5

10/6

10/7

10/8


9:00-12:00
13:00-16:00
(1回あたり40分)
「ブックマーク」づくり
定員:30名まで
料金:1,200円
内容:木の葉の形になった銅板(すでに赤く色づけされている)を裏から丸タガネで虫食いの穴をあけ、表から打ちタガネで葉脈を打つ。最後に裏表からデコボコをつけて完成。


9:00-12:00
13:00-16:00
(1回あたり40分)
「キーホルダー」づくり
定員:30名まで
料金:1,200円
内容:体験1と同じ


9:00-12:00
13:00-16:00
(1回あたり40分)
「はしおき」づくり
定員:60名まで
料金:1,600円
内容:木の葉の形になった銅板(すでに赤く色づけされている)を数種類から2個選びます。表から打ちタガネで葉脈を打ち、木槌と丸棒で大きくカーブをつける。4ケ所が床につくように調整して専用の箱に入れたら完成。記念のお土産に。


9:00-12:00
13:00-16:00
(1回あたり40分)
「はしおき」づくり
定員:60名まで
料金:1,600円
内容:木の葉の形になった銅板(すでに赤く色づけされている)を数種類から2個選びます。表から打ちタガネで葉脈を打ち、木槌と丸棒で大きくカーブをつける。4ケ所が床につくように調整して専用の箱に入れたら完成。記念のお土産に。