企画展「三条の鍛冶屋は顕微鏡をのぞく—岩崎航介、そして50年—」

経験と感覚が全てだった鍛冶の現場に顕微鏡を持ち込み、科学的根拠に基づいた指導で三条産業界の発展に大きく貢献した三条市出身の冶金学者・岩崎航介。その功績を関連資料とともに、彼の志を受け継ぎ活躍する現代の名工たちについても紹介する。

10/5

10/6

10/7

10/8

9:00-17:00

9:00-17:00

9:00-17:00

9:00-17:00