仏壇彫刻から始まった本物の箸づくり
マルナオ

1939年創業。墨坪の車をつくり始め、千枚通しや糸巻きなどの大工道具を手掛けた。現在では、先人からの職人の手技と最先端技術を融合させた「食する道具」として、口当たりの良さを追求したお箸をつくる他、黒檀のスプーンや万年筆などのステーショナリーも製造している。

10/2

10/3

10/4

10/5


9:00-12:00
13:00-16:00


9:00-12:00
13:00-16:00


9:00-12:00
13:00-16:00


9:00-12:00
13:00-16:00