「庖丁工房タダフサ」を産んだ工場
タダフサ

1948年に曽根寅三郎が創業。曲尺で修業した鍛造技術を生かし、鎌、小刀、庖丁などあらゆる刃物を手掛けた。その後、漁業用刃物を経て、現在は家庭用刃物、本職用刃物、蕎麦切り庖丁などを製造。時代のニーズとユーザーの望みにこたえて生まれる製品は、数々の受賞を誇る。期間中は、庖丁研ぎ教室を行う。

10/2

10/3

10/4

10/5


9:00-9:30
13:30-14:00
15:30 -16:00
定員:各回20名


13:00-16:00
庖丁研ぎ教室
定員:10名/日
料金:1,000円


9:00-9:30
13:30-14:00
15:30 -16:00
定員:各回20名


13:00-16:00
庖丁研ぎ教室
定員:10名/日
料金:1,000円


18:00-20:00
夜の工場で職人と語り合おう!!
定員:50名 定員に達し次第受付終了
料金:1,000円


9:00-9:30
10:00-10:30
11:00-11:30
13:00-13:30
14:00-14:30
15:30-16:00
定員:各回20名


9:00-12:00
13:00-16:00
庖丁研ぎ教室
定員:10名/日
料金:1,000円


9:00-9:30
10:00-10:30
11:00-11:30
13:00-13:30
14:00-14:30
15:30-16:00
定員:各回20名


9:00-12:00
13:00-16:00
庖丁研ぎ教室
定員:10名/日
料金:1,000円